スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
「上海警察が風紀取り締まり強化で日本人89人拘束」報道の真偽。
6月27日14時8分にサーチナ・中国情報局がサイト上に配信したニュースが波紋を巻き起こしています。
【中国】日本人89人拘束か、ホテルに女性連れ込んだケースなど-上海警察が風紀取り締まり強化
消息筋によると、上海警察は習近平共産党書記の就任以来、風紀取り締まりを強化し、 ホテルに女性を連れ込んだなどとして、大手メーカーの出張者ら日本人89人が一時身柄を拘束され、事情聴取を受けた。上海の日本総領事館は、拘束者の会社名を公表しないよう警察に要望しているという。
取り締まりは特に、日本人ビジネスマンが多い虹橋、古北地区のサウナ、ナイトクラブ、個室カラオケで強化されている。風紀改善の動きは、2008年の北京五輪、10年の上海万博の開催も背景にあるとみられる。 ホテルに女性を連れ込んだケースでは、カラオケから女性を同伴する日本人出張者を公安がマーク。尾行してホテルの部屋に入ったところを踏み込んだという。

"消息筋"を求めて、ニュース検索してみましたが、少なくとも中国の主要ニュースサイトでは、これに類する報道は発見できませんでした。
このニュースはYahoo!ニュースなどにも転載され、心当たりのある人たちをやきもきさせましたが、突然ウェブ上から削除されてしまったので、全文を引用した次第です。

同日、在上海日本国総領事館はこの報道に対して、異例とも言える声明をウェブサイトに掲載したのです。
上海での日本人89人拘束との報道について

2007年6月27日
在上海日本国総領事館
インターネット等で「上海にて日本人89人拘束か」との報道が流れていますが、当館では、日本人89人が拘束されたとは承知しておりませんし、当館が公安に対し、会社名を公表しないよう説得していることもありません。

6月27日時点で、この件を報道した主要ニュースサイトはサーチナ・中国情報局くらいでしたから、明らかにサーチナ・中国情報局の報道を否定したコメントであると言えましょう。
おそらく、サーチナ・中国情報局は在上海日本国総領事館の抗議に応えるべく、あわてて記事を削除したのでしょう。

この報道に前後して、上海の日本人ビジネスマンの間では、この記事の内容を裏付けるかのような噂が駆け巡っていました。
例えば、「某カラオケ店に公安の手入れが入ったらしい。女の子だけではなく、お客の日本人も何人か公安に連れて行かれた」「展示会出展のために出張に来ていた某家電メーカーの日本人が宿泊していたホテルに公安が乗り込んできて、イケナイことをしていた出張者が大量に摘発されたらしい。」「日本人向けのカラオケ店が特殊サウナが軒並み臨時休業になっている」「上海現地法人の上司が無断欠勤していて、所在不明になっている。」などなど。
こうした噂をストーリー化すると:
6月下旬、とあるイベントのため上海に出張に来た日本の大手家電メーカー(M社ともS社とも言われている)の複数の社員(10人とも20人とも言われている)が、カラオケ店で遊んだ後、その女性従業員を宿泊先のホテルに同伴させた。
各自の部屋に入ったところで、尾行していた公安に摘発され連行された。
慌てた家電メーカーの現地責任者が普段から懇意にしていた領事館に相談、領事館から上海公安局の実力者に対して、拘束された社員の速やかな釈放と会社名の非公表をお願いした。
この大手家電メーカー以外でも、6月中旬から下旬にかけて、日本からの出張者や駐在員が同様の"不届き"で公安に拘束され、人数を合計すると100人ほどになる。
という感じでしょうか。

こうした噂の真偽を、自分で確認することはできませんでした。しかし、火の無いところに煙は立たないと申します。
この噂は、中国でビジネス展開している日本の大企業を揺るがすことになりました。複数の会社の日本本社では、現地と連絡を取り、駐在員で"お縄になった者"がいないか確認したり、駐在員に注意喚起を求めたり、中国出張者に自制を求めるような通達を出したりしたのです。
ちなみに、この報道の火元とも目されている某家電メーカーでも、中国駐在員と中国への出張者が多い部門に対して、「注意喚起」の社内メールを送信しています。
中国での風紀取締強化に伴う注意喚起

【添付文書】 なし
 最近、日本人が中国で売春行為や麻薬・文化財の密輸等の容疑で公安当局に逮捕される事件が起きています。中国政府は自国の法律を遵守する外国人は歓迎する一方で、これに反する者は、厳しく取り締まる方針を打ち出しています。6月に入り上海市内、特に虹橋、古北地区のサウナ、ナイトクラブ、個室カラオケ等で風紀改善を目的に公安の手入れが強化されています。大手日系電機メーカー(出張者)含め、日本人駐在者、出張者が89名一時拘束、事情聴取されました。上海地区に限らず、北京オリンピックを来年夏に控え、風紀取締が一層強化されますので留意して下さい。
そこで中国地域出向者及び出張者に対して下記の2点の徹底のお願い致します。
1.カラオケ、サウナ、ナイトクラブ等の個室には絶対に立ち入らないこと。
2.ホテルなども同様で、品位・品格を問われるような行為は厳に慎むこと。(公安当局が尾行しながら現場で即座に拘束する)

サーチナ・中国情報局の報道の真偽は定かではありません。ただ、日本人の駐在員や出張者が中国で"悪さ"をして公安に摘発されるという出来事は日常茶飯事に発生しています。日中関係がギクシャクしていた頃には、一人か二人が摘発された程度であっても中国の新聞やニュースサイトが大々的に報道し、会社名や本人の実名まで曝されたりしたものです。
もし仮に、最近上海で100人近くの日本人が公安の御用になっていたことが事実だとすれば、中国当局が中国国内向けの報道を規制していたことになるでしょう。"悪さ"をして捕まっちゃった皆さんは、中国当局の対日政策の変貌に感謝しなければならないでしょうね.....。

[参考]http://beijing.exblog.jp/
スポンサーサイト

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

【 2007/10/11 17:37 】

買春 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<時価総額:「中国+香港」が日本を上回り、世界2位に | ホーム | ネット統制のいたちごっこ。中国当局、こんどはRSSフィードをブロック!?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://newschina.blog121.fc2.com/tb.php/12-6e354a58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。